ホーム > フェイクビンテージ > スチームドライウッド(高熱乾燥処理材)

フェイクビンテージ(古材風仕上材)FAKE VINTAGE

スチームドライウッド(高熱乾燥処理材)

Steam Dry Wood (1 x 10 x 6F)      (厚さ)17 x (幅)230 x (長さ)1820  無塗装(ブラウン系): ¥4,000/枚

 

Steam Dry Wood (1 x 10 x 12F)    (厚さ)17 x (幅)230 x (長さ)3650  無塗装(ブラウン系): ¥8,000/枚

 

Steam Dry Wood (2 x 10 x 6F)      (厚さ)38 x (幅)230 x (長さ)1820  無塗装(ブラウン系): ¥6,000/枚

 

Steam Dry Wood (2 x 10 x 12F)    (厚さ)38 x (幅)230 x (長さ)3650  無塗装(ブラウン系): ¥12,000/枚

 

Fake Vintage Wood(不燃パイン材) (厚さ)18 x (幅)135 x (長さ)2000  古材風仕上各色  : ¥5,130/枚 (¥19,000/m2)不燃認定番号 NM-0750

 

SPF材(新建材)を約200度の高温と水蒸気で一定期間加熱することにより、木材に含まれる水分や樹液を全て放散し含水率を約0%まで乾燥させます。(絶乾状態)

 

その後、常温蔵置することで含水率は4-6%程度まで戻します。そうすることで木材が含む”油”によって色濃く染まり、自然に風化した色合いやビンテージ感を演出します。

この含水率は、カビや虫の生息環境ではないため発生の確率は非常に低いと思われます。

 

両面加工品でどこをカットしても同じ風合いが特徴なので、半割加工品であっても両面共に同じ表情です。(タッチアップが不要)

古材なみの安定性もありますが、通常の木材とは違い、木裏に反るのが特徴で、施工の場合は木表を見せる仕様でご利用下さい。

SPF材は、Spruce(スプルース:えぞ松)、Pine(パイン:松)、Fur(ファー:もみ)、という3種類が混在した木材なので樹種により色目は変わりますのでご了承ください。

 

北欧の国、フィンランドでは、木材の耐久性や安定性を高めるために古くから使用されている技法で、一切の薬品や塗料を使用せずに高温により滲み出た木材の油によって

色濃く変化した風合い、通常のビンテージ加工品とは一味違った環境にも優しい素材です。(高熱乾燥処理加工)

 

  • img 木材の樹液のみで染色された天然の色合い。古材レベルの乾燥材です。
    (2 x 10は両面とも同じ表情です。どこを切っても同じ色合いです。)
  • img 1x10x12Fを壁面にランダム施工(MUJI 神戸バル店)
  • img S,P,Fの3種類の樹種から様々な表情があります。
    1 x 10の裏面は製材面ですが同色です。(下記画像参照)
  • img スチームドライウッドに合わせて調色した不燃加工材仕様
  • img 600x600の天板を合わせて4人席(CAFE Rico 箕面店)
  • img 600x600の天板を分けて2人席(CAFE Rico 箕面店)

施工事例

  • img 店内テーブル天板として使用(CAFE Rico 箕面店)
  • img 店内テーブル天板として使用(goodspoon 南堀江店)
  • img 店内テーブル天板として使用(goodspoon 南堀江店)
  • img スチームドライウッドに合わせて調色した不燃加工材仕様(MUJI 神戸バル店)
  • img 壁面、窓枠、建具に使用(生瀬ヒュッテ Takeuchi)
    照明の具合で色調が変化して見えますのでご注意下さい。
  • img 1x10x12Fを壁面にランダム施工(MUJI 神戸バル店)
  • img 壁面に無塗装で施工(生瀬ヒュッテ Takeuchi)
    照明の具合で色調が変化して見えますのでご注意下さい。
  • img 壁面に無塗装で施工(生瀬ヒュッテ Takeuchi)
    照明の具合で色調が変化して見えますのでご注意下さい。
  • img テレビボードの天板として使用(オイル仕上)
    照明の具合で色調が変化して見えますのでご注意下さい。
  • img 什器等(無印良品 天神大名)
    照明の具合で色調が変化して見えますのでご注意下さい。
  • img プランターボックス、他(天王寺MIO)
    照明の具合で色調が変化して見えますのでご注意下さい。
一覧へ お問い合せへ