ホーム > フェイクビンテージ > スチームドライウッド(高熱乾燥処理材)

フェイクビンテージ(古材風仕上材)エイジング。それは、木目、照り、色彩を詳細にコントロールする独自の技術です。

スチームドライウッド(高熱乾燥処理材)

コーヒー豆を焙煎するように、じっくりと熱を加えて落ち着きのある表情を再現。深みのある色合いはすべてのインテリアを引き立てます。

 

Steam Dry Wood (1 x 10 x 6F)      (厚さ)17 x (幅)230 x (長さ)1820  無塗装(ブラウン系): ¥4,000/枚

 

Steam Dry Wood (1 x 10 x 12F)    (厚さ)17 x (幅)230 x (長さ)3650  無塗装(ブラウン系): ¥8,000/枚

 

Steam Dry Wood (2 x 10 x 6F)      (厚さ)38 x (幅)230 x (長さ)1820  無塗装(ブラウン系): ¥6,000/枚

 

Steam Dry Wood (2 x 10 x 12F)    (厚さ)38 x (幅)230 x (長さ)3650  無塗装(ブラウン系): ¥12,000/枚

 

Fake Vintage Wood(不燃パイン材) (厚さ)18 x (幅)135 x (長さ)2000  古材風仕上各色  : ¥5,130/枚 (¥19,000/m2)不燃認定番号 NM-0750

 

スチームドライウッドとは、塗料や薬剤を一切使用せずに窒素加熱処理を行い、木の腐りやすい成分を分解。

木材が含む”油分”によって色濃く染まります。天然木でありながら屋外でも長期的に使用できる耐朽性が高い改質木材です。

含水率(6~7%)は、カビや虫の生息環境ではないため発生の確率は非常に低いと思われます。

表面処理ではないのでどこをカットしてもほぼ均一な色と性質を維持しておりますので、切る・削るができるとても扱いやすい木材です。

 

製造方法

① 製材後の木材の含水率を10%程度に調整(人口乾燥機)

② 耐圧耐熱容器に木材を入れて、容器内を窒素置換(窒素加熱処理装置)

③ 徐々に加熱し、容器内の圧力を制御しながら、所定温度(180~220℃程度)を数時間維持します。(24時間~72時間)

④ 木材が冷めてから、容器から取り出し直後は含水率は0%、空気中に放置して平衡含水率は3~7%に安定します。

 

北欧の国、フィンランドでは、木材の耐久性や安定性を高めるために古くから使用されている技法で、一切の薬品や塗料を使用せずに高温により滲み出た木材の油によって

色濃く変化した風合い、通常のビンテージ加工品とは一味違った環境にも優しい素材です。(高熱乾燥処理加工)

 

  • img 木材の樹液のみで染色された天然の色合い。古材レベルの乾燥材です。
    (2 x 10は両面とも同じ表情です。どこを切っても同じ色合いです。)
  • img S,P,Fの3種類の樹種から様々な表情があります。
    1 x 10の裏面は製材面ですが同色です。
  • img 1x10と2x10の厚みの違い
    照明の具合で色調が変化して見えますのでご注意下さい。
  • img 照明の具合で色調が変化して見えますのでご注意下さい。
  • img ホワイトエイジング加工仕上
  • img ダークブラウンエイジング仕上

施工事例

  • img 1x10x12Fを壁面にランダム施工(MUJI 神戸バル店)
  • img スチームドライウッドに合わせて調色した不燃加工材仕様(MUJI 神戸バル店)
  • img 店内テーブル天板として使用(CAFE Rico 箕面店)
  • img 店内テーブル天板として使用(CAFE Rico 箕面店)
    600角サイズは2枚合わせて時には1200幅テーブル
  • img テレビボードの天板として使用(オイル仕上)
  • img 壁面、窓枠、建具に使用(生瀬ヒュッテ Takeuchi)
  • img 壁面に無塗装で施工(生瀬ヒュッテ Takeuchi)
  • img 壁面に無塗装で施工(生瀬ヒュッテ Takeuchi)
  • img 什器等(無印良品 天神大名)
  • img プランターボックス、他(天王寺MIO)
一覧へ お問い合せへ