コンテンツ

ビンテージビーム

ビンテージビーム(古材、梁、柱)

100年以上の時を経て、北米の厳しい環境から建物をささえてきた柱、梁

 フラットビーム(鉈傷無) (厚み)150 x(幅)150 x(長さ)3000~ (加工の場合、別途費用) ¥48,000/本~
 ハンドヒューンビーム (厚み)200 x(幅)200 x(長さ)3000~ (加工の場合、別途費用) ¥108,000/本~
4x4ビーム(4面サンディング加工品) (厚み)95 x(幅)95 x(長さ)2400~ (加工の場合、別途費用)  ¥27,000/本~
  • ホイルサンダー加工 : 古材表面の凹凸を残して色だけを飛ばす仕上です(¥4,500/m2)
  • サンディング加工  : 古材表面の凹凸をペーパーで削ってフラットにする仕上です(¥4,500/m2)
  • ミルクペイント仕上 : 水性塗料を古材表面にかすれるように塗装する仕上です(¥3,000/m2)
  • 不燃加工対応可能  : 加工には1ヶ月以上かかる場合がございます(国土交通大臣認定 不燃材料認定番号 NM-0750)

100-120角:フェイクビンテージビーム(古材風仕上品)

150角x4000:スモークビーム(燻製加工品)

ビンテージビームは100年以上経過した建物の柱、梁等に使用されていた古材で針穴・ほぞ穴・割れ等があり、正確な角材は少ないです。

「ハンドヒューン」 と呼ばれるナタ傷が特徴の梁材は希少品で主に200角が中心で価格も高く入手も困難になってきています。

大型製材機が導入される以前に職人の手により1本1本けずり出されたものが多いです。

最近の傾向として、ナタ傷等のないスクエアなビーム材も人気です。『フラットビーム』と呼んでいます。

古材のため、全てのサイズ、樹種、表情は様々で同じものは2本とありません。1本単位での販売になります。

全て古材1点モノのため、角数、長さ等により価格は異なりますのでお問い合わせください。

通常のフラットビームは150角が中心です。

通常のフラットビームは150角が中心です。

古材のため、正確な角材のモノはなく、ホゾ穴、割れ等があります。

古材のため、ホゾ穴、割れ等があります。

フラットビーム(スクエアなナタ傷なし)樹種によって色合いも様々です。

フラットビーム(樹種によって表情は様々)

150角フラットビーム(無加工)

150角フラットビーム(サンディング加工)

150角フラットビーム(サンディング加工)

ハンドヒューンビーム(ナタ傷あり)正確な角材のモノはなく、ホゾ穴、割れ等があります。

200角ハンドヒューンビーム

ハンドヒューンビーム(ナタ傷あり)正確な角材のモノはなく、ホゾ穴、割れ等があります。

200角ハンドヒューンビーム

95角材(プランク材を半割、カット面エイジング、サンディング加工仕上)

4×4ビーム(約95角材)

95角材(プランク材を半割、カット面エイジング、サンディング加工仕上)

4×4ビーム(サンディング加工品)

厚さ100mmサンディング加工の木口側面

4×4ビームの1面

正面木口から見た厚み

4×4ビームはプランク材から製作

 

施工事例

150角フラットビーム、サンディング加工、無塗装(MUJI 神戸バル店)

150角サンディング加工(MUJI 神戸バル店)

95角材をパーゴラ仕様(PHARE近鉄上本町)

4×4ビームサンディング加工(PHARE近鉄上本町)

150角フラットビーム、サンディング加工、無塗装(Bubby’s)

150角サンディング加工(Bubby’s)

ビンテージビームをランダムにディスプレイ(HUNTING WORLD)

150角フラットビーム(HUNTING WORLD)

表面をサンディングして住宅、店舗の化粧柱として施工。

ハンドヒューンビームを住宅に使用

表面をサンディングして住宅、店舗の化粧柱として施工。

ハンドヒューンビームを住宅に使用

無印良品 さいたまコクーンシティ

無印良品 さいたまコクーンシティ

無印良品 さいたまコクーンシティ

 

ページ上部へ