おしゃれな空間になる古材アイアンパネル

壁面施工でスタイリッシュに (BULLET JAPAN 2F)

1900年頃に建てられたヨーロッパやアメリカの教会や住宅の天井装飾材として使用されていた

ブリキのパネルで歴史を感じるシャビーな風合い、 デザインも当時のアールデコの流れを汲んでいる。

建築装飾が手づくりから工業化へ向かう端境期を感じさせる。

空間を構成する要素というだけでなく、それ自体が持つ素材感が住まいの印象を大きく左右します。

 

詳しくは、URLをクリックしてご覧ください。

https://bulletjapan.net/blog/detail/20200127134053/

ページ上部へ