アメリカ古材のツーバイボード仕様のテーブルトップ

北米で100年以上経過した建物の構造で使用されていたツーバイ古材の厚みは約50mm

粗らしい素材をテーブルトップ用に丁寧に表面加工して接合加工により1枚の天板に仕上げます。

歴史を感じさせるテーブルは、店舗、会議室、住宅等の多くのシーンで使える逸品です。

 

詳しくは、URLをクリックしてご覧ください。 https://bulletjapan.net/blog/detail/20200427090830/

 

 

ページ上部へ