エイジングとは?最適な古材や塗装する手段を解説

エイジングとは?最適な古材や塗装する手段を解説

新品でピカピカした木材でもエイジング塗装を行えば、あっという間に使い古したようなヴィンテージ感を演出できます。家具にすればおしゃれなカフェや美容室はもちろん、インテリアとしてもワンポイントになる優秀アイテムです。そんなエイジングですが、もちろん古材にも施すことができます。そこで今回は、エイジングに最適な古材や木材、手段を紹介します。木材や古材を自分好みにアレンジしたいという方はぜひ参考にしてみてください。

そもそもエイジング塗装とは?

簡単にいうとエイジング塗装とは、家具の表面に色を重ねたり、わざと錆や剥がれた部分を作ったりすることによってアンティーク調に見せたり、ヴィンテージ風にデザインすることを言います。主におしゃれな内装を好んだり、DIYを好きだったりする女性の中で現在大きな注目を集めています。

エイジング塗装を行う際は基本的に材料を限定することはありませんが、中でも木材が扱いやすく、初心者でも比較的簡単に加工を施すことができます。さらに、木目調のデザインとアンティークな雰囲気が合わさってインテリアともマッチしやすいでしょう。

シーン別!エイジングに最適な木材とは?

ではここからは古材や木材を中心に、エイジング塗装に最適な素材を紹介していきます。

ハードウッド

木材は基本的にハードウッドかソフトウッドに分類され、ハードウッドはその名前の通り硬く丈夫で耐久性に優れています。日本に馴染みがある種類でいいますと、ヒノキや杉がそれにあたります。外国産であるとアイアンウッドやセランガンバツが定番の木材です。これらは、屋内ではもちろん屋外、家具にも最適でマルチに使うことができるおすすめの素材です。

屋外で使いたいなら

ウッドデッキや庭での装飾に使いたい場合は、先ほど解説したハードウッドがおすすめです。ハードウッドはひび割れがしづらく、紫外線や湿気にも強いというメリットがあります。また、触り心地も良いため、塗装も比較的簡単に行うことができます。

ただ、ハードウッドは他の木材よりも価格が高く、初心者では加工が難しいというデメリットもあります。購入する際には、加工から裁断まで業者に依頼するのが良いでしょう。

屋内で使いたいなら

屋内で使う家具などのエイジングに適した木材は無垢材です。無垢材はその名の通り、一本の木から作られた自然の木のことです。その木にしかない美しい木目調が非常に個性のある家具になってくれます。

扱いやすいパイン材や高級なウォールナットも味のある良い素材といえるでしょう。長い間使用し続けることで次第に味が出てきますので、ぜひ長く使ってあげましょう。

価格を抑えたいなら

コスパもよく、屋内外共に使用できる木材として人気なのがウエスタンレッドシダーと呼ばれる、日本でいう米杉(ベイスギ)です。北米が原産地で、比較的扱いやすく耐久性もまずまずありますので、ぜひコスパを重視したい方はこちらを選んでみてください。

塗装

では、実際にエイジング塗装をする際にどのような方法があるのでしょうか?この項目でいくつか紹介します。

ペンキ塗装

ペンキ塗装の場合、最初に基本となる色を塗ってから多少の塗りムラを意識してさらに数回に分けてペンキを塗っていきます。均一に塗ると通常の塗装と変わりないため、ベースの色が乾いたらハケ感も残しつつ、濃淡をつけて塗りましょう。

ステイン塗装

ステイン塗装とは、木に塗装すると木目から木に色が滲み、着色するという塗装の方法です。木目を生かした塗装になりますので、ペンキ塗装よりもよりナチュラルに仕上がるでしょう。塗装の前にサンドペーパーなどで表面を少しならしておきますと、より木のヴィンテージ感を再現することができます。

まとめ

今回はエイジング塗装について解説しました。エイジング加工はコツを掴めば自分でできますが、一生付き合っていく家具やインテリアが欲しい場合は、ぜひ業者に依頼してみてください。また、塗装に使用する木材や古材は実際に手で触れたり香りをかいだりして、木の温もりを感じてみると良いでしょう。あなたがお気に入りの木材と出会えることを願っています。

エイジング加工は、今や人気な古材のアレンジ方法です。一生を共にするかもしれない家の一部ですから愛着が湧き、かつ見た目も美しいものが好まれますよね。そんなお店はもちろんインテリアにも最適な塗装を、ぜひプロに頼んでみませんか?

私たち「BULLET JAPAN」は、大阪に店舗を構え、古材の加工・販売・輸出入の代行をしております。「古材を使ってDIYに挑戦したい」「エイジング加工をお願いしたい」このようにお考えの皆さんは、ぜひ私たちBULLET JAPANにご相談ください。きっとあなたの生活にフィットする理想の仕上がりをお約束します。ご相談はお気軽に、公式HPやお電話から承っております。

ページ上部へ