古材のラックは耐久性が高いだけでなくインテリアとしても人気

古材のラックは耐久性が高いだけでなくインテリアとしても人気

インテリアにもなる棚が欲しいという人から人気の棚が、古材のラックです。古材のラックは頑丈で長持ちする特徴があるため、大手通販サイトなどでも人気の商品となっています。古材のラックには他にも長所があるため、耐久性だけが取り柄というわけではありません。

古材のラックはどこで買える?

古材のラックを購入できる場所は通販サイト、もしくは専門ショップです。今ではインテリアのジャンルに含まれているほど、人気の高い商品となっています。

古材の入手方法

一般的な入手方法では、次のような方法があります。

  • 解体現場でもらってくる
  • 流木を拾ってくる

ここからさらに加工しないと、古材のラックになりません。そのためDIYに自信がない場合は古材のラックを、通販サイトなどで購入したほうがよいでしょう。実店舗で古材のラックを購入したい場合は、リサイクルショップで購入するという手もあります。

インターネットには、「廃材ネットワーク」もありますので、古材の入手方法は意外と多くあります。

古材を入手する時の注意点

古材の入手には次のような問題があるため、とりあえずすべてもらったり、手に入れたりするのはよくありません。

  • 加工が難しい
  • 見た目以上に重量がある

古材の特徴には、古材は長年をかけて自然乾燥することにより、見た目以上に耐久性のある物になっていることが挙げられます。つまり「頑丈で重い」のが、古材の大きな特徴なのです。

廃材として古材を入手する場合は、「本当に加工できるのか」を考えてから入手するようにしましょう。クギ・ネジなどが付いている古材もありますが、外すのにはかなりの手間を要します。

その他では、虫食い被害に遭わないための掃除もしないといけません。保管を行える場所がないと、安全に保管することも難しいので注意してください。

古材のラックが人気の理由

古材は重くてかさばることが多いデメリットがあります。しかし通販サイトのインテリアの中では、古材のラックなどが人気となっているのです。その理由は、他のインテリアにはない古材ならではのメリットが多いからです。

古材のラックのメリット・デメリット

古材ならではのメリットは次のとおりです。

  • 傷み具合も含めて風合いがある
  • 新材より古材のほうが耐久性がある
  • 無駄な加工がされていない

古材のラックもそうですが、光にかざすと独特の風合いを見せてくれます。これは一般的なインテリアには見られないものです。また発色性の高い新材のラックはありますが、古材に比べて耐久性で劣る、もしくは多くの加工がされている人工物としての雰囲気が強くなっています。

古材ならではのデメリットについては次のとおりです。

  • 高いものは新材よりも高い
  • 重くてかさばるものが多い

古材のラックにも同じようなデメリットはあります。しかし使い続けているうちに経年劣化によって雰囲気が変わっていくため、こちらを好きになれる人物にとっては、それほど大きなデメリットにはならないのです。

古材のラックのDIYは手間がかかる

最近ではDIYがブームとなっています。古材を使用したラックのDIYについても、次のような手間で作れると案内しているサイトもあります。

  • 付着物(クギ・ネジ・インクなど)を落とす
  • 目立つ汚れはサンダーで削る
  • 大きさを調整する
  • ラック用の加工を施す

実際にやってみるとわかりますが、これらのDIYは簡単なものではありません。専用工具の費用も高く、これからDIYを始めてみようという人にはおすすめできません。

個人的に古材のラックのDIYをする場合は、次のようなリスクが発生する可能性もあります。

  • 破損する
  • 怪我をする
  • 完成品に満足できない

そのためもし古材のラックのDIYをしてみたい場合は、「古材をどこかで入手する」のではなく、「すでに加工済みの古材を購入してくる」ほうがよいでしょう。中には、販売されている完成品を解体する人もいますが、安い古材のラックであれば約3,000円で購入できます。

その他の注意点としては、インク、もしくはペンキ汚れを落とす際は「中性洗剤を使用する」ようにしましょう。酸性・アルカリ性の洗剤を使用して落とそうとしますと、古材が傷んでしまうこともあるので注意してください。

古材の掃除ではよくサンダーを使用しますが、傷みが進んでいる場所などを剥離する際に使用されるだけです。そのためあまり汚れが目立たない古材を入手した際は、無理にサンダーで削ることはしなくても問題ありません。

まとめ

古材のラックは、耐久性・インテリアとしても優れているため人気が高くなっています。しかし簡単にDIYできるものではありませんので、通販サイト、専門ショップでラックを購入されたほうがよい古材のラックを入手できます。

そんな古材を使った完成品を入手したい場合は、ぜひ「BULLET JAPAN」をご利用ください。多様な商品を取り扱っており「BULLET JAPAN」にしかない商品もあります。

ページ上部へ